Powered by 複眼RSS

芸能

【マツコが切れる】マツコ、IZAMに「どうにかしなさいよ、あの嫁!」吉岡美穂の態度にキレる!?

no title

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/02/19(金) 08:15:08.01 ID:CAP
2月17日放送のテレビ番組『ホンマでっか!?TV』に、IZAMと吉岡美穂(36)夫婦が出演。明石家さんま(60)、マツコ・デラックス(43)、
ブラックマヨネーズの小杉竜一(42)らが、吉岡の発言や態度について非難する場面があった。

今回の番組は、誕生日や記念日は「大切にする派」と「あまり意識しない派」に別れて討論をする企画。
吉岡は「あまり意識しない派」の席に座ったのだが、いきなり「なんか、凄いイメージ良いですよね、コッチ(向こう)は!」とケンカを売った。
その態度にカチンと来たのか、マツコは「アンタ、いきなりイメージ悪いわよ、ホントに」と反撃。さんまも「何なの、あの女!」と追撃した。

記念日を覚えることに対し「無理したくない」という吉岡は、「大切にするって、大事にするってどういう部類ですか? 
大事にするっていうのはどういう意味?」などと、さらに反論。
マツコは「どうにかしなさいよ、あの嫁!」とIZAMに詰め寄り、小杉も「なんで普段の喋り方、あんな胸ぐらつかむような喋り方なん?」と反論。
さんまも「なんで結婚してあんな変わってしもたんや」と嘆き、IZAMも「本人はずっと前から『なんで私が癒し系なのかわかんない』って言ってたんですよ」と、吉岡に対する愚痴をこぼしていた。

「IZAMと吉岡夫妻はここ数年、夫婦での出演が増えていますね。
恐妻家のIZAMに対し、吉岡が文句をつけて夫婦喧嘩をするのが、定番となっています。
グラビア時代はルックスのイメージから“癒し系”と呼ばれたようですが、本人は気が強く、サバサバしたタイプ。
ママタレ枠ではなく、“鬼嫁”枠としてキャスティングされることが多いです。
ママタレ枠は飽和状態ですが、北斗晶(48)が休業中の今、“鬼嫁”枠のタレントは少ないので、プチブレイクの可能性はありますね」(番組構成作家)――
バラエティ番組において、時には悪役も必要。グラビア戦国時代を生き抜いた吉岡だけに、元から根性は座っている?

http://dailynewsonline.jp/article/1091733/
日刊大衆 2016.02.19 07:30
no title

引用元: ・【テレビ】マツコ、IZAMに「どうにかしなさいよ、あの嫁!」吉岡美穂の態度にキレる!?

続きを読む

【芸能】NHKうたのおねえさん、恋愛禁止・海外旅行禁止・車の運転禁止・歩き食い禁止など制約多く激務 月収30万円

no title

1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/02/19(金) 08:27:45.25 ID:CAP
NHK・Eテレの長寿番組『おかあさんといっしょ』で、20代目の「うたのおねえさん」を務めてきた
三谷たくみ(29才)がこの春、番組を去ることになった。在任8年は史上最長記録だ。

卒業会見では涙ながらに「やり切れたかな。(これからは)ゆっくり過ごそうかと思っています」とはなした、
たくみおねえさん。子供たちだけではなく、早くもお母さんやお父さんの間で「たくみおねえさんロス」が
広がっているという。

「笑った時のえくぼがかわいくて声もキュート。出勤前の夫も、たくみおねえさんの笑顔とアニメ声に
癒されていたみたい(笑い)。寂しくなりますね」(30代主婦)

「近所のママ友の間では“30才強制引退説”も。まだたくみおねえさんは続けたかったんじゃないかしら」
(20代主婦)

芸能界にもファンが多い。大泉洋(42才)が映画の舞台挨拶で「今いちばん会いたい人」に
たくみおねえさんを指名すれば、生田斗真(31才)もバラエティー番組で、姪と一緒にテレビを見ていたら
「どんどん好きになっちゃって」と明かし、番組でのゲスト共演を熱望したが叶わなかった。

「うたのおねえさんは『おかあさんといっしょ』以外の番組には、たとえNHKでも出演できない決まりです。
イメージが大切なポジションですし、とにかく多忙なんです」(NHK関係者)

そのふんわりやわらかな印象からは想像もできないほど、うたのおねえさんは超激務だ。月曜から水曜が収録、
木曜が次週のリハーサルで、金曜が歌の録音。さらに週末は地方へ出かけて番組のコンサートに出演。
1週間休みなく働きづめだが、どんなに疲れて体調が悪くても、笑顔を絶やすことはできない。

「子供たちと共演するコーナーが多いですが、子供たちは台本通りに動いてくれるわけじゃない。
おねえさんたち出演者が細かく子供たちに気配りしたり、がまんしたりして、
収録を進行させる努力には本当に脱帽です」(前出・関係者)

その上、うたのおねえさんにはさまざまな厳しい掟があるという。たとえば「海外旅行の禁止」。
代わりがいないから、事故や悪天候で帰ってこられなくなると困るという理由だ。
同じように、けがや事故が怖いので車の運転やスポーツもNGだという。

「どんな時も子供たちの憧れ、お手本でなければいけません。派手なネイルやピアスは禁止だし、
歩き食いも禁止。品がないですからね。スキャンダルも御法度なので、恋愛も結婚ももちろん禁止です」
(前出・関係者)

アイドル以上といえるほどストイックに『おかあさんといっしょ』を最優先にした生活ながら、
収入はそれほど恵まれてはいないそうだ。

「NHKの規定で契約社員扱いなので、おそらく月給のベースは30万円ほどだと思います」(別のNHK関係者)

そんな生活を、笑顔で8年間も続けたたくみおねえさん、これまでお疲れ様でした。

※女性セブン2016年3月3日号
http://www.news-postseven.com/archives/20160219_386524.html

引用元: ・【芸能】NHKうたのおねえさん、恋愛禁止・海外旅行禁止・車の運転禁止・歩き食い禁止など制約多く激務 月収30万円

続きを読む

【写真有り】亀田大毅、現在はコンビニでアルバイトwwwwww

no title
1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/02/19(金) 09:19:37.77 ID:CAP
YuuSaaaan! @yuukeyYsBar 16:17 - 2016年2月12日

西脇セブンイレブンに亀田大毅バイトしてるらしい
そっくりさんじゃなくて本物

https://twitter.com/yuukeyYsBar/status/698058222989520896

写真:
http://livedoor.4.blogimg.jp/maji_kichi/imgs/f/f/ffe440a3.jpg

***********

りく @u6czsheqcife4t3 19:24 - 2016年2月12日

インフルから復帰した七星と セブンイレブン行って 亀田大毅に 写真撮ってもらった??
嬉しい嬉しい

https://twitter.com/u6czsheqcife4t3/status/698105473501757440/photo/1

写真:
no title
no title
no title

前スレ(1が立った日時:2016/02/18(木) 21:34:09.94)
/r/2ch.sc/mnewsplus/1455798849/

引用元: ・【ボクシング】亀田大毅、現在はコンビニでアルバイト(写真あり)★2

続きを読む

【芸能】明石家さんま「イタいなこの人!」坂本龍一の娘・美雨に呆れ顔

no title

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/02/18(木) 12:28:33.08 ID:CAP
2月16日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、坂本美雨(35)が出演。
飼っている猫に対する深すぎる愛情を語り、明石家さんま(60)にあきれられる場面が見られた。

この日の番組テーマは「犬好き&猫好き芸能人SP」。出演者たちがどれだけ好きかを語ったのだが、坂本のエピソードは群を抜いていた。
まず彼女がよくするのが「猫吸い」。これは抱っこした時、猫がお腹を見せたタイミングで、そのお腹に顔を埋めて息を吸い込むというもの。
これにはさんまもそれほど驚いてはいなかったが、次に猫と結婚式を挙げた話には「お父さんが坂本龍一(64)やなかったら、ボロクソ言うてますよ。
うわー、イタいなこの人」と、あきれ顔を見せていた。
さらにその結婚式には当時、付き合っていた現在の夫も出席したこと、その夫は猫アレルギーにもかかわらず、薬を飲んで猫と一緒に暮らしていることを聞くと、
「うわー、旦那さんかわいそう。やめてあげなはれ!」と、同情をしていた。
しかし最後には根負けしたのか、昨年出産した娘と猫とではどっちが上か「比べられないんですけど」と発言する坂本に「すごいなー」と、素直に感心をしていた。

「坂本美雨の猫好きは有名な話で、好きなだけでなくボランティアで動物愛護活動も熱心にやっています。
犬好き猫嫌いで知られるさんまですが、彼女の深すぎる猫への愛情は、さすがに認めざるを得なかったようですね」(音楽関係者)
――天敵の猫ながら、さんまにもその魅力が伝わったのだろうか?

http://dailynewsonline.jp/article/1091232/
日刊大衆 2016.02.18 10:00

no title

no title

http://www.youtube.com/watch?v=CeebBKLkENM


坂本龍一 featuring Sister M - The Other Side of Love

引用元: ・【芸能】明石家さんま「イタいなこの人!」坂本龍一の娘・美雨に呆れ顔

続きを読む

【芸能】さすがにやりすぎ!?毒舌が激烈化する“西の女帝”上沼恵美子(60)

no title

1: かばほ~るφ ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/02/18(木) 16:23:08.13 ID:CAP
さすがにやりすぎ!?毒舌が激烈化する“女帝”上沼恵美子
2016.02.18 12:00

「西の女帝」として関西テレビ界に君臨する上沼恵美子(60)の毒舌が、最近ヒートアップしている。

「上沼の冠番組のうち2本の関西ローカルのバラエティは芸能ニュースを主体に扱い、上沼が独断と偏見で
話題のネタについて言いたい放題で人気がある。先月も松居一代を実名で出し『同じ女として恥ずかしいわ』
とぶった切り、ベッキーも『したたかや』とバッサリ。最近は渦中の人をゲストに呼んで面と向かって
追及するという“荒業”も使っている」(在阪の放送記者)

2月14日放送の『クギズケ!』(読売テレビ)ではゲストに呼んだ二股疑惑の芸人・狩野英孝に
「こんな女、別れなさい」と説教して見せた。

「6日に収録されたものですが、狩野は何度となく上沼の番組に出ていることもあって絶好のタイミングで呼べた。
“こんな女”とはレースクイーン出身の加藤紗里のことで、売名行為のようにメディアに出まくった加藤は
上沼の嫌いなタイプ。彼女を非難しながら狩野を責めて、公開謝罪みたいな形にして笑いを取った。
上沼らしい手法ですが、ここまではっきり言えるのは上沼ぐらいしかいません」(同前)

“本領発揮”は他でも。

「同じ番組で昨年は上西小百合議員を呼び、『税金の無駄遣いよ』と議員辞職を求め、上西氏と番組内で大喧嘩。
まるで公開処刑みたいでした。

一方、別な番組に息子の実子問題裁判で話題だった大沢樹生がゲスト出演した際、大沢と別れた元女優を
『往生際が悪いわ』と非難して大沢を援護。以後、大沢は準レギュラーのようになった。
昔から出演者もスタッフも上沼の好き嫌いで決めていると言われています」(テレビ関係者)

関西テレビ界を席巻する上沼だが、さすがに批判的な声も出ているという。

「関西では元々やしきたかじん氏と上沼の“2強”でした。2年前にたかじん氏が亡くなって、今は上沼の独壇場。
ただ、ワンパターン傾向は否めず、視聴率の女王の座を保つためか、スキャンダルでバッシングにあった人や
関西に都落ちしてくるタレントへの“狙い撃ち”がどんどん過激になっている。あまり調子に乗って
やり過ぎるとしっぺ返しに合う。庶民の味方が売りですが、敵も多い人です」(関西のお笑い関係者)

口は禍の元。

週刊文春 http://shukan.bunshun.jp/articles/-/5891
夫は関西テレビの元役員
no title

引用元: ・【芸能】さすがにやりすぎ!?毒舌が激烈化する“西の女帝”上沼恵美子(60)

続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
逆アクセス
 





ランキング




芸能・音楽ニュース ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村

  • ライブドアブログ